2012/1/24   雪

が降りましたね。

家猫はあまり雪は関係ないようで、
f0211133_9483144.jpg

食べるもの??
f0211133_949673.jpg

遊ぶもの??
f0211133_9501132.jpg

遊ぶならこっちのほうが面白いわい!(激落ち君です)
f0211133_95134.jpg


外猫なら結構雪の中遊んだりしますがワンちゃんと違って基本寒さは苦手ですね。
今日もタマは絶好調で上から物を落としてそれを追いかけて走りまわっています。
(そして怒られる!)
[PR]



# by yatudoubutu | 2012-01-24 09:58

2012/1/14  今年もよろしくお願いします

去年の正月明けに、今年は病気の話題も含めてたくさん発信していきます ということを書いたのが昨日のようです。

皆さん、明けましておめでとうございます。今年こそは・・・なんてすでに正月から半月も経っています。
時の流れは速いものですね・・・年か??

ところで、タマは元気です。最近よく食べるので丸みを帯びてきました。
もう治ったか誤診か?と思ったけどあの後また少し涎を出したりするときもあります。
でも回数は減ってるしいい感じです。

明けまして・・なんて僕には関係ないんだよ
f0211133_16263073.jpg


破壊すればおもちゃなのだ!!
f0211133_16273960.jpg


ということで、あんまり大きなことは言わずに、今年はがんばろうかな~!
[PR]



# by yatudoubutu | 2012-01-14 16:31

2011/9/26  タマのタマ

タマはその後、また食べなくなり(処方食は全く)相変わらずいろんな食餌を試みていました。
f0211133_11533393.jpg

これはドッグフードです。
f0211133_11544653.jpg

チーズをあげてみたり・・。

入院がいたり、他のワンちゃん、猫ちゃんがいることも多くマーキングをするようになってしまいました。
そこで、先日去勢手術をしました。

麻酔は一番安全なガス麻酔のみにしました。
f0211133_11594338.jpg


肝臓の問題もあるので、痛み止めも使いません。(ゴメン!)

去勢したあとはこんな感じです(1糸縫合してあります)
f0211133_1213169.jpg


タマはちょっとぼかして・・・
f0211133_1223341.jpg


同時に血液検査を行いましたが、肝臓の酵素の値もアンモニア、総胆汁酸も異常なしでした。
たまに症状は出ますが、肝不全が進行していないので少しホっとしました。

麻酔の覚醒(覚めること)もとても順調で、何と術後10分ほどで食餌しかも処方食をバリバリ食べました。
本来、手術麻酔後は絶食絶水のはず・・・
f0211133_1281173.jpg


良い子の皆さんは決してマネをしないで下さいね!

手術当日も、全く痛がることもなく普通に走り回っていました。
よかった。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-09-26 12:12

2011/7/20   タマ絶好調

その後のタマですが、しばらく調子悪く毎日のように涎をたらしたり瞳孔開いたりしていて、そろそろ危ないのかなと思っていたところ、ここ1カ月くらい絶好調です。
f0211133_849766.jpg

わざわざ私のバッグの中に座ってこちらを見ています。
f0211133_8512027.jpg

ラクツロースの量を少し増やしましたがそれで良くなったとは思えません。食欲もないのでいろいろな食餌をあげていました。なぜ状態が良くなったかよくわかりません。

最近R社で猫用の肝臓サポートという食餌が新発売になりました。
さっそくタマに与えてみたところよく食べます。
f0211133_8545746.jpg

この食餌に期待しましょう。
f0211133_8553767.jpg


昨日は、久しぶりに五郎君と遊ぶことができました。調子がいいとご機嫌です。
f0211133_8571925.jpg

f0211133_8574460.jpg


さて、暑さが厳しくなってきました
猫はリビア出身でもともと暑さにはそれほど弱くないのですが、車の中や、湿度の高い家の中では注意が必要です。猫が鼻をひくひくさせて呼吸が早かったらかなり重症です。
猫は暑いとき、涼しい場所をさがして(特に板の間なんかで)べったりとはりついていることが多いですが、なるべく風通しがよく涼しい場所を作ってあげてください。保冷剤を使う場合、エチレングリコールという不凍液の成分(甘いんだそうです)が入っているものはやめましょう。重篤な中毒を起こします。

また、汗をかくわけではないので、扇風機はあまり効果がありません。熱射病の時なんかは水で濡らして扇風機をかけると効果があります。
ワンちゃんの場合は、散歩に気をつけてくださいね。気温の高い日中は絶対だめですよ。また、コンクリやアスファルトは火傷するくらい暑くなっていますから・・・。

では頑張って暑い夏を乗り切りましょう。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-07-21 09:12

2011/4/13  タマの状態

あの後、タマの調子はあまり良くなく、すっかり生気をなくしたようでしたが、ここ数日少し復活してきました
再び高い所へ登って悪さをしています。
f0211133_17372872.jpg

調子が悪い時はほとんど高い所へは登りません。
f0211133_17383373.jpg

食欲もかなり戻ってきました。
しかし、処方食には見向きもしません
銀のスプーンやカルカンなどの高級な食餌を食べています。
仕方ないですね。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-04-13 17:41

2011/3/28  再び激しい神経症状

その後は、食欲がないので、処方食はあきらめて、食べるものをあげていました。
ロールケーキです。
f0211133_8523228.jpg


また、おいしそうな一般食をあげてそれなりに食べていましたが、吐いてしまいました。

そして、今朝、トイレや周辺がめちゃめちゃにちらかっていました。
タマの状態はというと、瞳孔が開いてケージの扉に頭を押し付けたまま動きません。
f0211133_8582771.jpg


外に出すと、うろうろ動き回り落ち着きません。

膝の上で抱いて静かにしていたら晩には少し落ち着いてきました。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-03-29 09:04

2011/3/16   タマの状態

タマはその後、少し食欲も復活していいかと思っていましたが、やはり元気がありません。

体重も3.35kgに減ってしまいました。

食欲もあまりなく、前のように元気に走り回ることもなくすぐに丸くなって寝てしまいます。
f0211133_1682112.jpg


前回は、処方食を全く食べなくなって、仕方なく普通の食餌を食べるようになったらすぐに調子悪くなったので今回は慎重に対処しようと思います。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-03-16 16:12

2011/3/11  タマ少し復活

点滴した晩はずっと横たわったままでした。肝臓に問題があるので麻酔の覚醒(さめること)も遅いのだと思います。また脳神経症状も続いていたようです。

深夜になってようやく体を起こせるようになり、朝にはほぼ普通に動いて、鳴いたり反応するようになりました。
食餌も処方食を食べてくれました。

点滴のための腕とエコー検査のお腹の毛刈り跡が痛々しいです。
f0211133_9405219.jpg


それと、まだ少しボーっとしています。
ドアによりかかるような感じもあります。
頭をドアに押し付けたりするのは、よくある神経症状の兆候です。
f0211133_9431524.jpg


ずっと調子良かっただけに、これからまた症状が出るのか、頻度が増えるのかみていかなければなりません。

もし、完治をめざすなら、CT検査、外科手術となるのでしょうが、悩むところです。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-03-11 09:50

2011/3/9  タマ再び神経症状

 ここのところタマの調子が悪く、食欲が落ちて、処方食(低蛋白食)は全く食べなくなっていました。
体重も一時は4kgを超えていましたが、3.6kgに落ちてしまいました。
本日朝より神経症状が出て、興奮して発狂気味で手がつけられず、ボックスを使って吸入麻酔をしました。
点滴を入れて、血液検査をして、エコー検査もしました。

血液検査では、アンモニアの値が591と異常に高く(高アンモニア血症)、やはり門脈体循環シャントによるものと思われます。

ずっと調子がよかったので、誤診の期待もあったのですがやはり・・・

f0211133_18271730.jpg

鎮静効果のある薬も使い、晩までは横たわったままでした。
触ろうとしたり、声をかけると唸るような声で反応しますが、おそらく分かっているのではないかと思います。
f0211133_18294927.jpg

いつもは悪さをして怒られるのですが、さすがに可哀そうです。
タマ頑張れ!
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-03-10 18:40

2011/1/27   猫の飲水2

タマは日向ぼっこが大好きです。
特に冬場は気持ち良さそうです。猫はみんな好きですよね。
f0211133_9231963.jpg

ところで、前回は水を多く飲む、という話題でした。
一般的には、冬場は運動量も減り、飲水量も減ることが多いです

そしてそれに関連してこの時期に多い猫の怖い病気があります。
猫下部尿路疾患(FLUTD)、昔はFUSなんていっていました。
要するにおしっこの中に石のもとになるものができたりしておしっこが出ずらくなる病気です。
よく猫の食餌を買いに行くと、低マグネシウム、とか猫下部尿路疾患対応とか書いてある、あれです。

この病気は猫の体質や食餌のミネラルの影響などで、おしっこのph(ペーハー、酸性やアルカリ性の度合い)が変化して結石のもと(結晶)ができやすくなっておこることが多いです。

症状としては、まずは頻尿といって、おしっこの回数が多い(のに1回のおしっこの量はは少ない)とか血尿(おしっこに血が混ざる)などがみられます。
 
ひどくなると、結石や結石のようなものが尿道につまって、全くおしっこが出なくなってしまいます。
特にオス猫ちゃんでは尿道が細いために詰まってしまうことが多くあります
この状態になると命にかかわる状態で、一刻も早く詰まりをとってあげないと死んでしまうこともあります。
トイレに行くけど全くおしっこが出ない、あるいはうんちが出ないようにみえることもあります。変な鳴き声を出すこともあります(痛みのため)。さらに症状が進むと吐いたり、ぐったりしてきます。こうなると尿毒症といって体に毒素が回っている状態(本来おしっこで体外に出るはずの毒素が体に回ってしまう)で命にかかわります。

おしっこが出ずらい、血尿がでるなどの症状があったら早めに病院へ行きましょう。特にオス猫ちゃんは注意ですよ。

そしてこの病気にかかった場合、体質を変えるというのは難しいので食餌を適切なものに変える必要がある場合が多いです。処方食といって特別な食餌なので結構費用はかかりますが、効果は確実です。
[PR]



# by yatudoubutu | 2011-01-27 10:08
病院の看板猫タマの成長や病気、予防、検査などの情報を載せていきます
by yatudoubutu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

2012/1/24   雪
at 2012-01-24 09:58
2012/1/14  ..
at 2012-01-14 16:31
2011/9/26 ..
at 2011-09-26 12:12
2011/7/20   ..
at 2011-07-21 09:12
2011/4/13 ..
at 2011-04-13 17:41

ファン

ブログジャンル

画像一覧